language

  • English (United States)
  • 日本語

実行委員会

実行委員長▸ Frédéric Toutlemonde
委員
 ▸ モンキー・パンチ
 ▸ 石戸奈々子 (CANVAS)
 ▸ Stéphane Beaujean (KABOOM!)
ジェネラルマネージャー ▸ 森永祐一郎
事務局長 ▸ 古川 久悦
顧問   ▸ 中村 伊知哉 (融合研)
運営事務局▸ (社)日本学芸振興會

協力

▸ アンスティチュ・フランセ日本
▸ セルバンテス文化センター東京
▸ 駐日欧州連合代表部
▸ ベルギー王国駐日大使館
イタリア文化会館 東京
株式会社グラフィック

スタッフ

小野打 恵 (HUMANMEDIA)
清水 郁郎(マンガヴィジョン)
馬嶋 善道
三角 公平
村松 誠
池田 花

© 海外マンガフェスタ All rights reserved.

201411/6

第3回海外マンガフェスタ、セルバンテス文化センター東京ブースにおいて、スペイン人アーティストのStudio KOSENが登場!!

昨年に引き続き、セルバンテス文化センターはスペインを代表して海外マンガフェスタに参加します。このフェスタには様々なスタイルや出展国で最も勢いのある作品が集まります。
今年のセルバンテス文化センター東京ブースにはスペイン人アーティストのアウロラ・ガルシアとディアナ・フェルナンデスが登場します。多岐にわたる作品制作で活躍中の彼女らの主な作品は「レッテラ」「モンストロ・ブスカ・モンストロ」など。「サイホウシ」はスペインで行われたエキスポマンガ2007にて優秀作家、優秀イラスト、スペインマンガ賞を受賞しています。
更に、今年もスペイン語でコミックを読むスペースを設置します。このスペースには、当センターの図書館に所蔵されているマンガの中から様々なスペイン人作家の作品を出品します。
昨年セルバンテス文化センター東京のブースではフアンホ・グアルニドの作品を展示し、ブース内において彼のサイン会を開催しました。このサイン会では長蛇の列が出来ていました。

セルバンテス文化センター東京
http://tokio.cervantes.es/jp/default.shtm
セルバンテス文化センター東京

Studio Kôsen

Studio Kôsen

http://www.stkosen.com/

アウロラ・ガルシアとディアナ・フェルナンデスは1998年よりスタジオ・コーセンとしてマンガ作家・イラストレーターとして活躍しているアーティストです。
2006年には、ヤオイ・プレス(アメリカ)にて「サイホウシ」「ステイリオン」、短編作品「スペシャル・トリートメント」、その後、TOKYOPOP(アメリカ)にて「ダエモニウム」を出版しました。これらの作品は全て諸外国(イタリア、ドイツ、ポーランド、フィンランド、スペイン、アルゼンチン、中国)にてライセンスを取得し、出版されました。更に、Warcraft第1巻「Legend」のインカー(色着け師)としても活躍しました。エディトーレス・デ・タベオス出版が2010年から2013年にかけて「レッテラ」の第1、2巻を、2013年から2014年にかけて第3巻と最終巻を出版しました。更に、同出版社から2012年に「サイホウシ」の続編である小説「サイホウシ・レデンプション」がオムニバス形式で出版されました。
彼女たちの最新作はAmazon Kindleから出版された小説「モンストロ・ブスカ・モンストロ」とChromatic Press(アメリカ/カナダ)によるマンガシリーズ「ウィンドローズ」です。

関連記事

201710/30

Mike Parsonsが海外マンガフェスタ2017に参加します!

Mike Parsonsは、トロント在住のアーティスト。 モノクロスタイルのペン画、コミック、ストリートアート、アニメーションなどを通して…

201511/2

世界のマンガアーティストが大集結!!

海外マンガフェスタ2015のアーティストアレイは、14か国58グループが参加と過去最大規模‼ 米国からアメコミ作家やトランスフォーマー作家…

201511/12

海外マンガフェスタ応援カタログ発売!

海外マンガフェスタ当日には会場内(受付)にて応援カタログを販売します。価格は500円です。 カタログにはトークイベントに出演するゲスト…

201610/4

西川伸司 が海外マンガフェスタに参加します!

西川伸司は、1988年『土偶ファミリー』でデビュー。 主な漫画作品に『YAT 安心!宇宙旅行』など。 1989年『ゴジラvsビオランテ』…

201711/21

「肉の万世」が海外マンガフェスタ2017に参加します!

「肉の万世」が海外マンガフェスタに初参戦! 会場は混雑していてお昼をゲットするのは一苦労… お気に入りの作家さんの作品をゲットしたいから…

ページ上部へ戻る